はじまりとおわり

女のコは宇宙だ。宇宙は真理だ。よって女のコは真理だ。

ルーティンナンパのすすめ

こうやれば上手くいく。

 

というのは正確に言えば、こうやれば上手くいく確率が高いという事である。

 

目標を設定して達成するための手法や手順を考える事が日常生活には溢れている。簡単な例からあげれば、目的が『パンを食べたい。』ならば解として『コンビニに行ってパンを買って食べる。』が考えられる。しかし別解として『小麦を育てて釜を建ててパンを作ろう。』も考えられるだろう。ではどちらがより良い解なのか?この問いに答えるには条件不足に思われる。『てっとりばやく食べたい。』のか『化学調味料の含まれないのを食べたい。』のかで答えがが変わるからだ。この例でみたように目標をどの倍率でみて、どこにピントを合わせるのかによってガラリと変わってくる。さらに解は洗練させる事ができる。哲学用語で言えばアウフヘーベンというのだろうか。解を検証して条件に照らし合わせると構造が見えてくる。買いに行くことによって手間暇が省かれ、自作することで品質が高まるというパターンがある事がわかる。これから『てっとりばやく化学調味料の含まれないパンを食べたい。』に『自家製パンを買いに行く。』という解がとれる。最後にこれらの解は確率が高いだけという事を付け加えておく。化学調味料バンバンいれてる自家製パンの可能性も捨てきれないであろう。

 

世の中ではルーティンナンパやパターン声掛けを卑下する事が多いが僕はそうは思わない。 例えば『即をする。』という目標があるとすれば、先ほど考えたようにこれに対する解決策はたくさんある。そして優劣をつけるには条件が足りないのでルーティンナンパを退ける理由がない。恋愛工学などで語られるルーティンは1つのザルでドジョウを捕まえてコーヒーを濾過するのに似ている。女はみんな〇〇と粗い分類をしてしまう事で取りこぼしが起きてしまう。ピントが合っていないのだ。低確率である事を指摘したいがための卑下だろう。では、どうピントを合わせればよいのか?もっと細かい目で見ればよいのである。この人はどう思っているのかな?何が好きなんだろう?どんな人なんだろう?と観察して感じてそれに準じて話をしたり場所を変えたりイケメンになったり(?!)すればよいのである。しかしここに人間特有の問題が2つ内在していると思う。1つ目は、誰1人として同じ人間が存在しないという事である。大体同じに見えてももっと高倍率で微細にみると全然違ったりする。即系でも性の好奇心探究心が強い人、寂寥感を埋め合わせたい人で違う。よって究極的にはオーダーメイドのパターン、ルーティンを用意していく必要がある。2つ目は目的が変わるという事である。最初に決めて動き出したら途中でゴールが変わる事がしょっちゅうある。新たな条件が見えてくることもある。ラーメン食べに出かけたのに最中いい匂いを嗅いでカレーが食べたくなる(デブ)。どこで折り合いをつけるのかが難しいのだ。解決策はわからない。

 

僕個人の話をすれば、精神性に着目しながら歩を進めてきた。現在はどうすれば人は気持ちよくなれるのか?なぜ気持ちよくなりたいのか?を中心に考えている日々である。どんな生活をしてるのか知るため積極的に相手の予定や提案に乗って行ったりもしている。しかし心のどこかではルーティンやパターンを作り出し、そこから逃げ出したと思いきやまた別のルーティンに収束していく。そんな事の繰り返しなのかもと思っている。いや仮説→実践→検証、と科学の王道をいっていると言えばいいのか。

 

 みなさんはどんな目的のためにどんなパターンを作っていきますか?その目的は絶対的ですか?そのパターンは最高確率ですか?

 

 

テレンス・タオ ルベーグ積分入門

テレンス・タオ ルベーグ積分入門

 

 

 

講座 数学の考え方〈8〉集合と位相空間

講座 数学の考え方〈8〉集合と位相空間

 

 

 

確率論 (岩波基礎数学選書)

確率論 (岩波基礎数学選書)

 
確率論 講座数学の考え方 (20)

確率論 講座数学の考え方 (20)

 

 

 

人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究

人はなぜSEXをするのか?―進化のための遺伝子の最新研究

 

 

 

性の進化論――女性のオルガスムは、なぜ霊長類にだけ発達したか?

性の進化論――女性のオルガスムは、なぜ霊長類にだけ発達したか?

 
文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)

文庫 人間の性はなぜ奇妙に進化したのか (草思社文庫)

 
オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎

オルガスムの科学――性的快楽と身体・脳の神秘と謎

 

 

 

触れることの科学: なぜ感じるのか どう感じるのか

触れることの科学: なぜ感じるのか どう感じるのか

 

 

 

 

一次愛と精神分析技法

一次愛と精神分析技法

 

 

 

純愛時代 (岩波新書 新赤版 (688))

純愛時代 (岩波新書 新赤版 (688))