読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまりとおわり

女のコは宇宙だ。宇宙は真理だ。よって女のコは真理だ。

12/6

教授とご飯を食べに行く。

社会で生きていける変人タイプ。

一言一言一動作一動作が面白い。

 

流れについて発表するのにノートまとめてたら結局渋滞の事を書いてしまった。執着心はないけど。いろんな分野(数理系)が交錯して繋がっていて面白いの一例だと思う。f:id:foppe:20161208000553j:imagef:id:foppe:20161208000656j:image

12/5

夜は表参道という街で夕飯をご馳走になった。不思議と浮いているという感覚はなかった。どちらかといえば自分がいないようだった。それ以上に不思議だったのは、他の人もいないように感じたこと。これは一体??

 

お相手はナンパで出会った女性。すごく自分によくしてくれる。ありがたい。ありがとうございます。

 

フレンチレストラン?の空間で過度に緊張した僕は彼女とのやりとりの中に微妙な引っ掛かりを感じた。実際彼女の本心はわかってないのに、『わかる。』『だよね!』と理解したフリをしている。自分と彼女を置換して考えてみるとわかってもらえること、詳しくいえばわかったと表現してくれることは安心するし嬉しい。しかし人と関係して心に迫る行為としては不誠実な限りであろう。しばらくわかることに注力したが、どうしてもわかったと言いたくなってしまった。我慢を続けていたら彼女の発するニュアンスが変化してきたように思えた。すぐ同調するのは癖や習慣というよりは相手への関心の浅さによることじゃないのかと思った。これから先に進むにはもっともっと感じて。現場で感じるためには普段からもっともっと考えて。何の為にこんなことしてるのかわからないけど笑

12/4

久しぶりにナンパする。

正直ナンパする時間がもったいないかつしんどいという思いでのスタート。すごく気分が沈んでて声が出ない。とても気になる子が現れて頑張って声をはる。全然声出てないですよね〜で話聞いてくれた。自分の中に籠もりがちで相手に届けるという意思がないのはわかっていたから。本屋に連れ出して一緒に読書。妄想の仕方が別次元で面白かった。使えそうな妄想の運びをゲットした。この本買って家で読もうはグダられたので自分だけ本買って帰宅。

 

僕は現代人は孤独で少なからず精神が分裂してると思う。その程度の如何によれば統合失調症と言われてしまうのだろうけど。この点においては我が国の落語が興味深い。噺家は孤独で根多中自己分裂を強制される。そしてナンパにおいてもそう思う。自分の感情、相手の感情、その2人を概観するメタ感情。どれも大切な要素。引き裂かれそうな自己をどの範囲まで許して我慢するのか。まあ考えすぎか。

12/3

やりたい事が決まったのでそれに向けて試行錯誤。数理そのものを研究したいんじゃなくて、それを使うユーザーになりたいんだった。最近飲み会などにきっぱり行かなくなったのは寂しいから少しは参加しようと思う。

 

シンジさんに勧められた本を立ち読み。なんとかして説明してやる示してやるという筆力がすごかった。

 

夜は軽く電話。歳はだいぶ違うんだけど仲良くしてもらっている方。なにかといい方向に向かってるみたいでなにより。これからも応援したい。結局、なにかよくわからないけど縁や縁がある。(ゆかりとえんって同じ漢字だった)(本当は因果があるはずなんだけど相互作用が多すぎてとても解析できないといえばよいのかな)比較的長期的な関係が大事なんだってことはナンパを通して逆説的に教わった。

 

 

日記 12/2

何か憂鬱だったので気に障っていたバイトを辞める事にした。すっきりするかな。

 

用事も早く済んですごい暇。

読書しようとするもどうしようもなく寂しいので進まない。寝るか。